腸内細菌 『免疫力』

2021/01/22

現在、2回目の「緊急事態宣言」下にありますが、以前のブログ(→こちら)でも指摘したように、肝要なことは「新型コロナウイルスに感染しない」ではなく、「感染しても発症しない」ことです。発症しないためには、私たちの「免疫力を上げる」ことです。実際、コロナに感染しても100人のうち90人は無症状か軽症であり、重症になった10人のうち亡くなるのは2~3人です。

 

そこで今回ご紹介するのが、藤田紘一郎『免疫力』(ワニブックス)です。

 

本書では、腸内細菌によって、私たちの免疫力を上げることが提案されています。

 

・私たちの免疫力の70%が腸で作られている(残りの30%は、心)。

 

・腸の中では免疫細胞たちが日々訓練されている。この腸管免疫こそが、体内で最大で最強の免疫系。

 

・腸内環境は、「善玉菌:悪玉菌:日和見菌」の比率が「2:1:7」のときに、最もよい状態に整う。

 

・それには、①野菜類、豆類、果物類、全粒穀類(玄米や五穀米など)など、植物性食品をとる。②発酵食品を毎日取る。③食物繊維やオリゴ糖を取る。

 

など、私たちの免疫力アップの秘訣が満載です!

 


PAGE TOP