ゲーム依存症、ネトゲ依存症『あなたもきっと依存症』

2021/12/22

いよいよ年の瀬になってきました。皆さま何かと忙しく過ごされているのではないでしょうか?

 

今年は、フェイスブックが「メタ」という社名に変更になり、仮想空間(VR)への関心が一気に高まりました。仮想空間に人どうしの社会性が加わり「メタバース」と呼ばれています。

 

ただ、インターネットゲーム依存症(IGD)やネットゲーム依存症の患者が増えている今、VRがさらに依存症を加速させていくことでしょう。

 

そこで、参考になるのが、原田隆之『あなたもきっと依存症』(文藝春秋)です。本書では、ゲーム依存症だけでなく、各種依存症について分かりやすく解説されています。

 

特に第6章「オンラインゲーム依存症」では、ゲーム依存症リスクとして、

 

①生活への満足度や適応度が低い

家庭の不和

学業達成度が低い

対人関係が苦手

⑤若年

⑥男性

⑦早期にゲームを開始していること

 

の7つが挙げられています。現実世界でストレスを抱えていると、ゲームで現実逃避したくなるわけです。VRもあくまでも“道具”なので、それをどう使うかが大事です。現実逃避するための道具としてVRを使ってはなりません

 


PAGE TOP